寝る前のひと時

爆笑我が子

子供ちゃんが眠る前のひと時、どんなふうに過ごしてる?

子守唄?
絵本?
お話?

我が家の定番は、“赤あげて白あげて”大会ー!!!
寝かす気があるのかっていうテンション上がるイベントでしょ?

もちろん布団の上だから旗はない。
そこで。

「右手あーげて♪」 (シャキーンッ)←自前の効果音付き。
「左足あげーて♪」 (シャキーンッ)
「右手下ろさないでー、左手あーげて♪」

どう?
やりたくなってきた?

今、「くだらない」と思ったそこのあなた。
2歳児がどれだけ夢中になって燃え尽きて眠るか、身をもって体験してみるといいわ。
もしこれで寝ないようなら、お次は“死んだふり大会”でもすればイチコロよ。

いつもはこれで爆睡の娘1号が、ある日なかなか寝なかった。
死んだふり大会も、死人1号復活。

・・・さて、どうしよう…。
・・・私の方が限界に近いわ…。
・・・今夜はカエル(千と千尋の神隠し)のモノマネもできそうにないわ…。

そこで。

「昔話して♡」
とリクエストしてみた。
すると娘1号、
「いいよ。してあげよっかー!」
と自信たっぷり。
そして始まった。

娘1号劇場 第一話。

「むかーしむかし、あるところに、2号ちゃんがいました。
2号ちゃんは、こんなかっこでねていましたー。(見たまんまを再現…)
・・・・・(しーん…)。」

・・・ん?(-_-;)
・・・まさかの第一話終了?(-_-;)
・・・あ、ちょっと眠そう。ぷぷぷ♡

半目になりながら第二話。

「むかーしむかし、あるところに、おおきなモモがながれてきましたー。
ボカンッとモモをわると、モモのなかからおおきなドンブラコーがうまれましたー。」

・・・ん?(-_-;)

娘1号、自分でも、ん?と思ったようで、白目の半目が一瞬点に。

だんだん呼吸が寝息に変わって来たな~、と思っていたら、いきなりムクッと起き上がった。
そして、時代劇に出てくる斬られ役降臨。

「きょ、きょうの…、きょうの、お、おやつは…、お、お、お…い…も…だっ…たぁぁぁぁぁぁ…。」

と辞世の句を残し、布団にバタッと倒れた…。

その直後の写真がコレよ。

時代を感じさせる1枚でしょ?
これは確か、“写ルンです”で撮ったのよ。
当時はまだ携帯も持ってなかったしね~。

「鼻の穴、真ん丸( ´艸`)」
と思ったそこのあなた。
責めはしないわ。
私だって、もし他人の子なら「アザラシの子かっ!!!」ってツッコミたいもの。

でもね、これは、バックアップもネガもない、たった1枚の私の宝物なのよ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました